ニュースヘッドライン


くまニュースは移転しました。
1週間ほどはこちらのブログと並行して同じ記事を更新していきますが、近いうちに完全に移行する予定なのでリンクやRSSの変更をお願いします。きらめく舞台で、また逢える。


今日の全ニュース一覧はTOPページから!

2009年02月24日

長島☆自演乙☆雄一郎がK-1初参戦!その時の動きを追ってみた

 昨日、K-1MAX日本トーナメントが行われ、その大会に長島☆自演乙☆雄一郎選手が参戦しました。長島☆自演乙☆雄一郎選手がどういう選手なのかご存じない(マクロス的に)方は、以下の関連リンクを参考にしてください。

関連 : 初音ミクのコスプレをしたアニヲタのキックボクサー「長島☆自演乙☆雄一郎」が圧勝で新王者に
関連 : 長島☆自演乙☆雄一郎とは
関連 : アニヲタ格闘家 長島☆自演乙☆雄一郎って何者?
 
 2月23日21時から放送を始まったにもかかわらず、長島選手は番組の開始直後、



 ランカ・リーの格好で登場しました。

 前々日に行われた会見記事を見ると、長島選手と記者との間にはこういったやりとりがあったようです。

 “全世界のアニメファンへのメッセージを求められると、「ヤックデカルチャー」と報道陣には全く意味不明な言葉を呪文のように言い残し、会見を締めくくった。”

 まさに、ヤックデカルチャー。

 ちなみに、会見時の服装はと『ある魔術の禁書目録』のインデックスでした。



 登場は『マクロスフロンティア』のランカ、そして対戦写真は『魔法少女リリカルなのは』のヴィータという、前々日の会見での勢いそのままに長島選手の初戦が始まりました。

 その長島選手の初戦。長島選手はギャラリーの大方の予想を裏切ってKO勝ちをし、会場を大いに沸かせてくれました。しかし、そのまま勢いに乗るかと思われた2回戦目。善戦したものの、戦っている最中に1回戦目で怪我をしたまぶたから再び出血し、その出血が止まらずにドクターストップでTKOで負けという結果になってしまいました。

 ここまではネタとして見ていたものの、試合終了直後、一瞬映った控え室で膝を抱えながら号泣している長島選手にトレーナーの方が「来年がある。来年がある」と声をかけ続けている姿には不覚にも感動してしまいました。

 ただ今回の試合で残念なのは、当初から問題視されていたコスプレをしながらの入場というスタイルについては、質の高い試合内容を見せることで観客を黙らせることに成功したものの、観客席に映ったファン層についてはお茶の間に説明するのが難しすぎたということでしょうか。



 そりゃあ、これを見ればゲスト解説の関根さんも言葉に詰まるw

 さて、試合についての記事はこれで終わりますが、話はもう少しだけ続きます。

 2月23日の21時から開始されたK-1MAX。長島選手の2試合目が終了した時間は大体22時半頃でしょうか。その頃から長島選手の公式ブログに異変が起きます。

 試合に向かう前に書かれた日記のコメント欄が急に加速し始めたのです。試合を見たファンによるメッセージが一斉に書き込まれ始めました。



 その数3000コメント以上。

 そして、そのほとんどが善戦した試合を褒め称える内容のものばかりでした。

 今、インターネット上では炎上や殺人予告といったネガティブな話題が多い中、これだけの人数がそれぞれの意思で一箇所に集まり、これほどの声援が書き込まれるとは本人も想像していなかったことでしょう。

 そして、その声援に答えるように、長島選手の次の日のブログには控えめにこう書かれていました。

 ほんまありがとう。と。

 こう思うのは久しぶりなんですが、インターネットって温かいですね。

 関連 : 長島自演乙雄一郎オフィシャルブログ
posted by ますたー at 14:53 | Comment(0) | ピックアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。