ニュースヘッドライン


くまニュースは移転しました。
1週間ほどはこちらのブログと並行して同じ記事を更新していきますが、近いうちに完全に移行する予定なのでリンクやRSSの変更をお願いします。きらめく舞台で、また逢える。


今日の全ニュース一覧はTOPページから!

2009年03月24日

WBCが日韓戦ばかりだった本当の理由とは?他、イチローに新語録が!

 WBC連覇キター!苦しい…本当に苦しい展開だった…!城島、栗原がことごとくチャンスを潰してましたが、最後に一番おいしいところをイチローに渡すための演出だと思えばそれも許せる!まさにWBC決勝にふさわしい最後まで息詰る試合でした。でも5-2で勝ったわけですが、実は日本の安打数は韓国にコールド勝ちした時よりも多かったりするんですよね。投打で圧倒した韓国にまさかここまでてこずるとは。野球って面白いですね。
関連 : 最後はやっぱりイチロー!すべてを集約した決勝の一打
関連 : 連続MVPの松坂 後輩に言われた「そこを動いちゃダメ」
関連 : 重圧に打ち勝った原監督=王さんの偉業受け継ぐ【WBC】

韓日4度目の激突はなぜ?…組織委「金になるから」
【WBC】 優勝したとはいえ、次回の大会を考えるとこの運営には疑問を持たざるを得ないですね。

 ちなみに日本代表の今回でのWBCでの試合結果はこのようになっています。

3月5日4 - 0VS 中国
3月7日14 - 2VS 韓国
3月9日0 - 1VS 韓国
3月16日6 - 0VS キューバ
3月18日1 - 4VS 韓国
3月19日5 - 0VS キューバ
3月20日6 - 2VS 韓国
3月23日9 - 4VS アメリカ
3月24日5 - 3VS 韓国


 いくら金になるといっても、世界大会とは言い難いですよね。何だか韓国とキューバとしか試合をしていないような。しかも今日放送されたミヤネ屋の情報によると、5万人以上という大観衆で埋め尽くされたWBC決勝の観客層は8対2か9対1で圧倒的に韓国のファンの方が多かったとか。とはいえ、ウォン安の中わざわざ日本の勝利を見に来てくれるとは本当にありがたいですね。

 さて、今夜は日本人にとっては文字通りのメシウマ状態なわけですが、その日本人の中でも特別にメシウマ状態なのはズバリこの人でしょう。

 怪我で戦線離脱した村田選手の代わりに招集された栗原選手

 WBC優勝なら1人あたり413万円ゲット

 もともとWBCに出場するだけで選手には日本プロ野球組織から200万円の賞金が支給されることが決定していましたが、優勝したことでさらに賞金が上がり、最終的には1人辺り約413万円の支給が行われるそうです。

 栗原選手の全打席。

 22日アメリカ戦に7回から代打で登場。結果は空振り三振

 24日WBC決勝韓国戦に先発メンバー入り。2回の第1打席。空振り三振

 3回1死満塁で回ってきた第2打席。内野ゴロの併殺打

 そして次の打席では代打を送られる。以上

 結果、1打席辺りの賞金は139万円。これはうまい!

 WBCでは急な招集もあってか振るいませんでしたが、シーズンでの活躍に期待したいと思います。

 では、最後にイチロー選手の今大会での語録で締めたいと思います。

 WBC開幕前のインタビューにて。

 「守らず、奪いに行く」

 9日の韓国戦後のインタビューにて。

 「負けという事実に腹が立つ」

 18日の韓国戦前のインタビューにて。

 「別れた彼女に街でまた会っちゃうって感じ」

 19日のキューバ戦後のインタビューにて。

 「あの打席からようやくジャパンのユニホームを着たという感じでした」

 24日のWBC決勝戦勝利後のインタビューにて。

  「最後に神が降りた」New!










  「もうイキそうでした。気持ちよかった」New!


posted by ますたー at 17:33 | Comment(2) | ピックアップ
この記事へのコメント
はじめまして、WBC侍ジャパンやりました。世界一
V2おめでとうございます(^v^)
Posted by 太田焼きそばマン at 2009年03月24日 21:23
確かに、決勝戦での安打の多さ(ということは、裏返せば、残塁の異様な多さ)は私も、途中から気になってました。そんなモヤモヤした空気が最後には吹き飛んで、すっきりしました。
Posted by 確かに at 2009年03月25日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。