前の記事 TOP 次の記事

2009年10月13日

蜂矢マコト先生が社会派エロマンガでまたやらかした件について

蜂矢マコト先生は主に快楽天という成年雑誌で読み切りを掲載されているエロ漫画家で、先生の描く漫画には実在する人物をモチーフにしたキャラクターが数多く登場することで有名です。

その例として最も有名なのが、過去にえろまんがとぴっくすに取り上げられた『となりのタローくん』という作品。主人公の麻生太郎によく似たタローくんの隣にバラク・オバマによく似た小浜さんが引っ越して来たというお話ですが、もちろん成人向けです。

manga4.JPG
タローくんと小浜さんとヒラリーには似ていない平井伊さん

下手をすれば国際問題に発展しそうな内容ですが、漫画の下の方をよく見るとちゃんと「お話はフィクションです」と表記してあるので、多分問題ないんだと思います

また、蜂矢マコト先生はそっくりさんを描くのが得意なだけではなく、社会風刺も非常に得意な方なので、漫画内では実際に社会で使われた言葉が数多く出てきます。『となりのタローくん』では、輪姦外交を拒む平井伊さんに対して、あの名言が使われています

manga6.JPG
非常に頭の悪いシーンで使われる名言

このように人物画と社会風刺に定評のある蜂矢マコト先生ですが、最近発売された快楽天11月号では、国内の政治家をテーマにした作品が掲載されました。

manga5.JPG
北川クリステスが烏山ゆきおへインタビュー

こちらも非常に危険ネタですが、きちんとフィクションと表記することと、友愛のおかげで多分問題ないんだと思います

manga7.JPG
前回に引き続き出演のタローくん

今回タローくんは脇役なので女性に対するエロ描写が一切ありませんが、この『性権兄弟』ではタイトルの通り、ゆきおの他に政治家がもう一人登場します

manga8.JPG
似せる気が全くない弟の烏山くにお

恐らく、これはモチーフとなったであろう邦夫氏が以前法相を務めていた時に多くの死刑を執行したため、マスコミに「死神」という不名誉な報道をされたことに対し、なら実際に死神にしてしまおうという蜂矢マコト先生の最大級のパロディなんだと思います。

この後、タローくんとの密会が国民にばれるわけにはいかないと言うことで、烏山兄弟が二人がかりで北川クリステスの弱味を握るという展開になるわけですが、ことの最中に社会風刺を得意とする蜂矢マコト先生ならではのセリフがあります。

「いいことを教えよう。淫主党に政権運営能力はないっ」
「というか、まともな政治をする気もない」
「すぐにこの国はボロボロだよ」
「国民には一度どん底を味わってもらうことになる」
「そして思い知るのだっ。やはり自淫党でなくてはダメなのだと!」
「これはね、自淫党をより磐石なものにするための布石なのだよ」

今の政治のことを取り入れた素晴らしいセリフです。ただ、この発言をしたくにおのすぐ後にゆきおが言った「体を張って小子化ストップ」という実にエロマンガらしい一言全てを台無しにしてしまったのが残念です。この辺りの兄弟関係もしっかりと意識してパロディにしているんだとしたら、間違いなく蜂矢マコト先生は天才だと思います

エロ本としては全く使えませんが、素晴らしい内容でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by ますたー at 17:45 | ピックアップ

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa